2010年10月07日

7/7(水):気になるにおいと増える食欲

におい

朝8時、「サーッ、サーッ、サーッ…」と
チョコがトイレシートを鼻でよけようとする音で起きる。
自分のにおいが気になるのか、
少しの量でもしきりによけようとするようになった。

以前は「わかったよ、替えてあげるから待って」
というとやめていたが、
最近は言葉だけでは納得しなくなった。


食欲

シートを交換すると、今度はクンクン攻撃。
何とか耐えしのいでいると、
続いて横になった状態でのシッポトントン音攻撃。
この二重奏には耐えられず、起きてご飯をあげる。

この日も雨が降り始める前に、さっと散歩へ出る。
帰宅後早々に、お昼ご飯の要求を始める。
やはりお昼の時間が早すぎたせいで
なんと16時から夕飯待機!

どうしても我慢できない様子なので、
プレ夕飯としてn/dを少しあげ、19時前に本夕飯をあげる。
少し多いかな?と思ったら、あっという間に完食…
挙げ句の果てに、パパのご飯まで見張る始末。。

やっとあきらめベットの下で寝るも、
ママが帰宅するや否や、
「夕飯まだやねん」とばかりに夜食を所望。。
またまた根負けし、
ハードフード、豆腐、生姜、ワカメを少しずつあげる。
が、ワカメは残す…

いつ何時もグルメなチョコであった犬


*****

身体から悪いものが出ているのか、
しきりにおしっこを気にするようになってきた。
特に、朝が気になる様子。

また、異常なまでの食欲と時間のずれも気になる。
まだお腹がパンパンなのにクレクレと言うのは、
栄養素が正常な細胞に
うまく回っていないのかな?とも思えてくる。


©チョコパパ


web拍手

記事に満足!の方は、
今日もぽちっと、お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

posted by YKO at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病状の経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

7/6(火):2つの小さな変化

1つめの変化

日増しに早くなるチョコの起床時間。
7/5(月)は、とうとう1時間早まり、
朝8時からクンクン起こしを始める。

今思うと、朝方体調が悪くなりやすい様子だったので、
何かを訴えかけていたのかもしれないし、
もしかすると、体内時計が狂い始めていたのかもしれない。


2つめの変化

この日は天気が変わりやすく、
雨が降り始める前に、さっと散歩へ出た。

抗ガン剤治療を始めてからというもの、
散歩の途中で突然立ち止まることが多くなっていたが、
今日はどうにも様子がおかしい。

歩けば止まる、止まれば歩くを繰り返し、
一度は「どうしたの?」と声をかけたものの、
その後も同じ状態が続く…

そしてついに、
突然パパの前に出たチョコの足を踏んづけてしまい、
「キャン!」と叫び声をあげた!

「だからいわんこっちゃない!」ばりに怒ってしまい、
この日はチョコとケンカをしながらの帰宅…

これも今思えば、
長い抗ガン剤治療とガン自体の影響で身体が弱っていた上、
ステロイドの副作用で筋力が落ちていたため、
歩行が思うように出来なくなっていく前兆だったのかもしれない。

そしてチョコは、
歩く速度が速すぎることを伝えていたのかもしれない…

*****

毎日接していると、
小さな変化に気づいていても、気のせいだと思いこんでしまう。
あまり重大に考えたくない気持ちと、
介護疲れから逃れようとする気持ちの両方があったのかもしれない。

それもこれも、
チョコがまだ元気に自力で歩き、沢山食べていたからに他ならない。


©チョコパパ

web拍手

記事に満足!の方は、
今日もぽちっと、お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

posted by YKO at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病状の経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

初七日を過ぎて

チョコが旅立ってから
もう2週間が経とうとしています。
温かいコメントや拍手、ありがとうございます。


チョコは本当に世界一イイ子でした。
気丈で弱音をいわず、
誰よりも空気に敏感で、
自分の体調がどんなに悪くても
私が落ち込んでいるときや
パパとケンカしているときは
間に入って心配そうに顔を見上げ、
ペロペロ顔を舐め
落ち着くまで一緒にいてくれました。

病気もリンパ腫以外はほとんどしたことがなく、
息を引き取るときも
誰にも見られないように…と
お風呂場を選んだと思います。


今はまだ、何かするたびに
チョコが出てきてくれるような気がしてなりません。

思い出すと涙が出るというよりは
いま、柔らかい毛に触れられないことが、
大好きな額にキスできないことが、
全身を抱きしめることができないことが、
とても悲しいです。

だからこそ
ブログを訪れてくださった方には
今のうちに愛犬をいっぱいナデナデして、
いっぱい抱きしめてあげて欲しいと思います。
愛情がいっぱい伝わるように。


今後、ゆっくりになるとは思いますが
同じ悪性リンパ腫のワンちゃんを抱えている方のためにも
化学療法を止める時、止めてからの日記も
更新していこうと思います。

思い出すと辛いので
報告書っぽい日記になってしまうかもしれませんが…
質問や気になることがあったら
いつでも気軽にコメントくださいね。


どうか同じ病気の子たちが
みんな完全寛解を迎えますように。



チョコママ

web拍手

記事に満足!の方は、
今日もぽちっと、お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

posted by YKO at 18:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 想い出の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

7/26(月)のコト

AM11:11、9歳7ヶ月と5日

チョコは痛みから解き放たれ、
晴れ渡った空へゆきました。
最後まで強く、やさしく、いい子でした。
本当にありがとう。よく頑張ったね。
いくら感謝しても、足りません。

これまで応援やアドバイスをくださった皆様、
本当にありがとうございました。


●追伸

同じリンパ腫で闘っている方のために、
ゆっくりではありますが、
毎日ノートに書き綴っていた日記の中から、
参考になりそうなことをUPしていく予定です。
参考になれば幸いです。


***ここからは、7/26(月)の雄姿を記します***

7/23(金)以降、体力の消耗を抑えるため、
注射器で流動食を、脱脂綿で水をあげている。
一度にせいぜい6mlが限界なので、
3-4時間おきに少しずつ。
相変わらず、呼吸は荒い。

AM1:00
外に出たがるので、散歩へ行く。
でも、立っているのがやっとで、
しばらくすると座り込む。

家に戻り、ステロイド投薬のため、
少しだけ流動食をあげる。

AM5:30
再び流動食をあげようとしたが拒絶し、
ベッドの下へ隠れる。

外へ出ると、やはりすぐに座り込む。
いつもの場所へ移動させてやると、
少しだけ歩き、真っ黄色のおしっこをする。(1日1回のみ)
お腹の張りが少しだけ和らぐ。

AM6:30
再び流動食をほぼ無理矢理あげ、胃薬を飲ませる。
水を自分で飲もうとするが、
容器の前に立つのがやっと。

この日は落ち着かないようで、
立ち上がるのも辛いのに、何度も場所を変える。

AM8:30
呼吸が時々不規則になると思ったら、
鼻水とよだれが出始める。
しばらくすると、初めて辛そうに一度だけ鳴く。

大好きな押し入れに入りたがるので、入れてあげる。
ベッドに上がりたがるので、乗せてあげる。
この日、一番の笑顔をくれる。

今度は玄関に行き、外に出たがるので散歩へ行く。
2、3歩だったが、家に帰ると嬉しそう。
水を飲みたそうなので、少し脱脂綿であげる。

AM11:00
お昼ご飯を作ろうと、台所へ立つと、
玄関に降りたそうなので、下ろしてあげる。
またクーンと鳴くので、
話しかけると、久しぶりにしっぽをふる。

すぐに部屋へ上がりたがり、
今度は、どこからそんな力が出てきたのか、
後ろ脚立ちでお風呂場の段差に前脚をかける。
ここなら涼しいなと、中へ入れてあげる。

チョコはそのまま横になり、全身の力を抜いた。
急いでママを呼び、部屋へ移動させる。

AM11:11
チョコは何かを伝えるように口を動かした。
昨日から何度も、病院へ電話しようかと迷ったけど、
ここで、これで良かったんだよね、チョコ。
本当に最後まで頑張ったね。
こんないい子はいないよ、本当にありがとう。
ずっと大好きだよ。


©チョコパパ

web拍手

記事に満足!の方は、
今日もぽちっと、お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

posted by YKO at 19:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 病状の経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

自立

7/23(金)、プレドニゾロン(ステロイド)をもらいに
じいちゃん先生(2010.06.26の日記)に紹介してもらった
近所の動物病院へ向かう病院

最近、あまり歩かなくなり、
時間も迫っていたので、
抱きかかえて行くことにした。


病院付近でおしっこをさせるために下ろすと、
力なくその場へたり込むふらふら
ほぼ1日、何も食べていないので、
無理もない。

院内で体重を測ると5.8kg(-0.4kg)
病院の先生も、チョコの様子と体重減少を診て、
皮下点滴も考えた方がよいと。

院内で、缶詰をもらうが、
匂いを嗅いで、そっぽを向く…
診察が終わっても、待合室でへたり込んだまま。
目もゆらゆら(眼球運動?)している。


このままでは体力も限界なので、
先生と相談して、
まずは注射器で流動食の流し込みを試すことにした。

口の横から固形物を入れられるよりも
若干食べやすいようで、
チョコママの注射攻撃を
嫌々ながら受け入れるチョコ犬
(中身は…高栄養フードとカボチャなどを溶かしたもの)

その甲斐あって、
自分で立って、お水を飲みはじめ、
おしっこもしてくれた!
後はうんちも…

chocco_100722_P1010918.jpg
この姿勢が楽チンやー


©チョコパパ

web拍手

記事に満足!の方は、
今日もぽちっと、お願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

posted by YKO at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。